自動車

MENU

新車2台購入しましたよ。

私は、3年前に海外赴任が決まったため、私と妻の乗っていた長年愛していた愛車達を手放しました。そして3年の任期を終え、今年の8月に日本へ帰国してきたのです。

 

私の住んでいる場所は車で有名な地域です。一家に一台ではなく一人一台の地域なのです。交通手段は車なので、日本についてすぐディーラーめぐりをしなきゃいけません。

 

とりあえず、実家の車を借りて役所の手続きです。手続きを終えその足で携帯ショップで電話を確保。それからディーラーへ行くことにしました。が、ちょうどお盆時期に帰ってきたので、空いているディーラーは数社しかありませんでした。

 

その中でもお盆のフェアをしていた有名ディーラーへ1社目として行きました。2台新車を購入したい、一台はミニバンで2台目は軽自動車を購入したい旨伝えました。予算も聞かれ、450万円までと伝えたのです。

 

営業さんは、新車を2台で450万円で購入したいと言う私たち夫婦に、冷やかしと思ったことでしょう。今どきの新車事情を分かっていなかったこともありましたし、若い二人ということもありあまり積極的ではありませんでした。

 

ですが、私は2台一緒に購入をすると大幅な値引きをしてくれるのではないかと思い、新車を購入するなら同じディーラーで購入と決めていたのです。しかし私の欲しかった車にオプションを付けると、5百数十万円はするというのです。軽自動車のランクを下げようと思うも価格は大幅に変わらないのです。

 

値引きを頑張れるところまで出してください。2台購入予定ですから。と伝え、因みに早くて納車はいつか?と聞いておきました。こうすると、営業さんは冷やかしではないことを確信できるのではないかと思ったからです。値引きを頑張れるところまでしてもらい、価格を出してもらい、その場は他にもディーラーへ行くのでと次回の試乗予定を決めてから、退散です。

 

次の2社目のディーラーは私たちが乗っていたこともあり、乗り気でいきました。営業さんは1社目と違いとても感じが良くて、笑顔を絶やさず熱心に話をきいてくれました。そこで同じく予算を450万円と決め、新車2台欲しい。一台はミニバン、2台目は軽自動車と伝えました。

 

軽自動車もミニバンも前者のディーラーと同じ形です。姿も気に入りました。価格も前者より50万円は違うのです。そこから価格交渉です。1社言って見積もりを取った旨を伝え、こちらと迷っていると打ち出しました。そして、納車の時期ももちろん確認をとりました。

 

相手はこちらから言わずとも値引きを頑張れるところまで金額を出してくれたのです。その後は前者と同じで、もう一社のディーラーで試乗をしてからまた来ますと伝えたのです。次の予定を決めといて。

 

1社目のディーラーへ行くと前回と打って変わった営業さんの態度です。そのまま試乗を済ませると店長さんが出てきました。室内に入り値段交渉です。2台購入で今日決めてもらえるなら500万円ちょうどにしますとの事。

 

これには飛びつきそうになりましたが、やはり予算オーバーです。今日中に返事をする旨つたえ、そのまま2社目へ行きました。そこでは新車2台で450万円にしてくれたのです。しかもたくさんのオプションをつけてもです。

 

決めました。このディーラーは以前も購入したこともあり、信頼もあったからです。新車を値引きしてもらうには、ある程度他のディーラーと比べている旨相手に伝え、買う意思があることを告げるため納車はいつになるか、などを聞くことですね。あとは、その場では決めずに、次行くときは試乗をする日と決め、ゆっくり焦らすことだと思います。

 

何回もディーラーを訪れると買う気であると認識をされるので、次々お偉いさんが出てきてちょっとづつ値引きをしてくれます。これ一台でもです。